加味感冒丸

同仁堂(どうじんどう)
2,600 
必要ポイント数: 2600 ポイント
在庫あり
+

加味感冒丸の概説

 加味感冒丸は北京同仁堂から造れた緑っぽい褐色の水丸で、やや香りがあり、味が苦です。加味感冒丸は内熱がありながら、外部から寒邪を受けられるによる頭痛、悪寒、発熱、咳嗽、鼻水、咽が疼痛、体がだるくなどに用いられます。

加味感冒丸の成分

淡豆鼓(たんずし)、桔梗(ききょう)、忍冬藤(にんどうとう)、金銀花(きんぎんか)、蔓荊子(まんけいし)、蝉衣(せんい)、赤小豆(せきしょうず)、佩蘭(はいらん)、枳殻(きこく)、連翹(れんぎょう)、白芷(びゃくし)、杏仁(きょうにん)、天花粉(てんかふん)、陳皮(ちんぴ)、竹葉(ちくよう)、茅根(ぼうこん)、芦根(ろこん)、荊芥穂(けいがいすい)、薄荷(はっか)、赤芍(せきしゃく)、石膏(せっこう)、甘草(かんぞう)、防風(ぼうふう)、黄芩(おうごん)、菊花(きくか)、桑葉(そうよう)、紫苑(しおん)、紫蘇子(しそし)、青蒿(せいこう)、羅葡子(らぶし)、化橘紅(かきっこう)、建曲(けんきょく)、馬歯莧(ばしけん)、牛蒡子(ごぼうし)、板藍根(ばんらんこん)、蒼耳子(そうじし)、麻黄(まおう)、桑白皮(そうはくひ)、僵蚕(きょうさん)、大青葉(だいせいよう)

加味感冒丸の働き

清熱(熱邪を解消すること)、散風(風の邪気を追い出すこと)、解表(発汗させること)、止咳(咳をとめること)の作用があります。

加味感冒丸の注意事項

加味感冒丸の使用前の注意

1、使用前に必ず添付されている説明文書をお読みください。
  また、必要な時に読めるように大切に保管してください。
2、用法・用量を厳守して下さい。

加味感冒丸の禁忌

メーカーからの報告がありません。

加味感冒丸の保管

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり、品質が変わります。)

[ 規格 ]4g×10包/ケース

加味感冒丸の用法・用量

1回4グラム(7丸)を1日2回、水またはお湯で服用してください。

投稿はありません

レビューを書く

同じ価格で!

アフリカ蟻
2,480 
八味錫類散
2,480 
参苓白術散
2,600