Norvasc ノルバスク

1,480 
必要ポイント数: 1480 ポイント
在庫あり
+

■Norvasc ノルバスクの紹介

Norvasc ノルバスク全世界で一番利用されている降圧剤~高血圧や狭心症の治療に用います ・カルシウム拮抗薬に分類されます。この系統は効き目がよく、また安全性が高いので、高血圧の治療に第一選択されています。一般的には、安定した効果を発揮する特効タイプの製剤を用います(1日1回もしくは2回の服用でよいもの)・血糖、尿酸、脂質などに影響しません。年齢を問わず広く用いることが出来ます。とくに合併症の多い高齢の人に適します。・特効性のカルシウム拮抗薬を用いた長期臨床試験で、予後改善効果(長生き効果)も認められています。 ・同類薬としては、ゆっくりと効きはじめ作用時間が長いのが特徴です。潮紅、頭痛、動悸などの副作用も少なくたいへんよく使われています。
【功能主治】・心臓や体の血管を広げて血流をよくします。そうすると血液の抵抗が減り、血圧が下がります。また、心臓の収縮をおさえて、心臓を休ませる働きもします。・おもに高血圧や狭心症の治療に使用されます。血圧を適切にたもつことは、将来起こるかもしれない脳卒中や心臓病、腎臓病を防ぐことにつながります。・その他、脳、腎臓、手足、目の網膜など体全体の血流を改善するので、いろいろな病気に応用されることがあります。・血管壁の細胞にカルシウムが流入すると、血管が収縮し血圧が上がります。このお薬は、カルシウムが細胞内に入るのをおさえます。その結果、血管が広がり血圧が下がります。このような作用から「カルシウム拮抗薬」と呼ばれています。
【副作用】顔のほてり、潮紅、頭痛、動悸、めまいなどの症状は徐々に慣れてくることが多いが、ひどいときは早めに医師に報告すること。長く飲み続けていると、足の甲がむくんだり、歯肉が腫れてくることがある。歯肉の腫れは、歯肉をよくブラッシングし口内を清潔に保つことで、ある程度予防が可能。重い副作用として、まれに胸が痛んだり、脈が異常に遅くなる時は(1分間に50以上)、すぐに受診するようこと。その他、肝障害や血液障害も報告されています。
規格: 7錠/箱
 ■Norvasc ノルバスクの使用方法
■高血圧症 ... 通常、成人はアムロジピンとして2.5~5mgを1日1回経口服用する。
■狭 心 症 ... 通常、成人はアムロジピンとして5mgを1日1回経口服用する。 ※ なお、症状に応じ適宜増減する。

投稿はありません

レビューを書く